むちうちなら新橋西口整骨院

新橋西口整骨院

ヘルニア

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. まず初めに、椎間板ヘルニアと聞いて大体の方は腰のケガだと認知されている方が多いと思いますが、椎間板ヘルニアは首にも起こることがあります。主な症状として、頚椎椎間板ヘルニア(頸のヘルニア)の場合、手に痺れがある人、手の動きが悪くなってきた人、指の感覚がぼんやりしている、手に力が入りにくくなる、ヘルニアの場所によっても異なりますが、肩甲骨や首筋のあたりが痛いという方もいます。
    腰椎椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)の場合は、主に足やお尻への痛みや痺れ、力が入りにくい、お尻から太ももへの激痛(坐骨神経痛)などが主な症状となります。

  2. ヘルニアに対する当院の考え

    椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間の椎間板という軟骨が押しつぶされ、その中の水分が出てきて、骨の近くを通る神経を刺激して神経症状や激しい痛みを伴います。
    そもそもなぜそういった事が起きるかというと、基本的に年齢を重ねていくと軟骨も脆くなっていくものなので、大きな負荷がかかると椎間板にも負担がかかり次第に椎間板も脆くなってしまいます。椎間板ヘルニアが起こる起因としては生活習慣での環境的要因で起こることが多く、加齢、体重の増加、筋力不足などの要因で起こることが多いです。
    あとは野球やゴルフなど、腰を酷使するスポーツでの外傷で起こるケースや、生まれつき椎間板が弱い方もいらっしゃいますので、起こる原因は人それぞれになってきますが、大半は環境的要因になってきます。
    なので当院では、そういった食事管理のアドバイスや筋肉を鍛えていくプログラムもあるので、椎間板ヘルニアの痛みに対しての治療を行うことも可能です。

  3. ヘルニアを放っておくとどうなるのか

    椎間板ヘルニアを放っておくと、今出ている症状が強くなってきたり、痛みや痺れの範囲が徐々に広くなってきてしまいます。普段の生活をしていて安静にしていても、痺れが減ったり痛みがなくなるというのはまずないと思ったほうがいいでしょう。なぜかというと大きな因子がまず姿勢の部分になってくるので、そこをしっかりと改善してあげない限り痛みが強くなっていきます。
    あとは筋肉の増量がカギになってくるので、普段と変わりない生活をしていたら筋肉は絶対といっていいほどつきはしません。なのでしっかりと痛みが出ている原因を、1つずつ改善をしていかないと、どんどん症状が強くなっていきます。ご自身で筋肉をつけることも可能ですが、間違ったやり方や、身体を動かさないとご自身で筋肉をつける場合なら筋肉はつかないので、整骨院でしっかりとベストな治療を行うことをお勧めします。

  4. 当院のヘルニアに対する施術とは

    椎間板ヘルニアの治療法では、アプローチの仕方が様々あります。まずは姿勢からアプローチしてあげる方法です。椎間板の負荷が大きくかかる姿勢の形は、大きく腰を反ってしまっている方(反り腰)、そしてお腹に力が入らない猫背の姿勢が腰椎椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)になりやすい原因となります。反り腰になってしまうと骨と骨の間が狭くなり、椎間板が押しつぶされてしまうので、そういった骨のバランスを整えるために矯正治療を行う方法が1つ目にあります。骨がちゃんとした位置に配列されていれば腰にかかる負担も軽くなり、腰椎のヘルニアを起こす可能性は減ってきます。
    猫背の方も姿勢が悪いと腹圧がかからなくなってきてしまうため、腹筋が弱ってきてしまいます。腹筋は背骨の周りをコルセットのように付着しているため、腹筋が弱ると背骨に大きな負担を与えてしまいます。
    なので2つ目に挙げられる治療は、電気でお腹周りを鍛えていく治療になります。EMSという機械を用いてお腹周りに電気をかけて筋収縮を起こして筋肉を強くしていきます。ウエイトトレーニングなどでは鍛えずらいインナーマッスルの部分も鍛えられてくるので、姿勢改善、ヘルニア予防には外せない治療になります。一番の理想は姿勢矯正、EMSの筋肉を鍛えるプログラムを一緒にやると、骨格、筋肉ともに良い状態へ持っていけるので姿勢の維持がしやすい状態になり、痛みに対する予防もできます。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    まず、当院の矯正治療を受けていただくと丸まった背中がスッと伸び、腹筋が使えるような状態にまでもっていくことが出来ます。背中が伸びると腰の筋肉や骨の負担も減ってくるので、お尻や足の痺れがだんだん弱くなっていったり、力が入れやすくなったりします。またデスクワークなどで背中が丸まっている方などは、腰に圧力が強くかかるためヘルニアになるリスクが高いので、姿勢を正しくすれば座ったときにも腰にかかる負担が減ってきます。
    電気治療はお腹に電気をかけて外側の筋肉(アウターマッスル)ではなく、どちらかというと内側の筋肉(インナーマッスル)を鍛えて、腰の骨の周りの筋肉を強くして、自然のコルセットを作ってあげます。腰の骨の周りの筋肉を強くしてあげると背筋とのバランスが取れ、反り腰になりづらく、安定力が増し痛みが出づらい体になります。ただ筋肉をつける治療には食事管理や生活習慣の面でも大切なことがありますので、そちらも治療と一緒にご指導させていただければと思います。

  6. 施術頻度はどのくらいか

    改善するための治療頻度は、矯正治療は症状やどこまで治していきたいかにもよりますが、大まかにお伝えすると、最低でも6~12カ月と言われています。ただ身体に対する負担は毎日かかってくるものなので、あまり治療期間を空けては意味がありません。姿勢も脳が記憶しているものなので1回や2回やっただけでは治っては来ません。ペースは最低でも週に1回、毎日来れるとお身体の状態を早く改善はできます。
    電気の治療は毎日やってしまうと筋肉に負担をかけすぎてしまいますので、週に2~3回、6~12カ月が理想です。

▲ページの先頭へ戻る

新橋西口整骨院のご案内

【住所】〒105-0004 東京都港区新橋1-18-15 佐伯ビル1F 【電話】 TEL:03-5251-8101

新橋西口整骨院景観
受付時間 土・日・祝
10:00~14:00 11:00~17:30
16:00~21:00

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR「新橋駅」から徒歩4分、都営線「内幸町」から徒歩3分。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

新橋、西新橋、内幸町、銀座など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る