悩みタイトル

むくみ
肩こり
吐き気
自律神経の乱れ
便秘になりやすい

血流が悪くなると、体の隅々まで栄養分が適切に供給されず、毛細血管への温かい血液の流れが妨げられ、末端部分での冷えが起こりやすくなります。また、老廃物が体内で蓄積されるため、内臓器官の機能が低下し、不調が生じることがあります。

血流不順による症状の中で代表的なものには、むくみや便秘があります。

むくみは、過度の労働やストレスによって体内の水分バランスが乱れ、血液の循環が不安定になることによって引き起こされます。

便秘は、腸や胃への血液供給が不足し、栄養素や酸素が適切に運ばれなくなるため、食物の分解や老廃物の排出が効果的に行われなくなります。

このように、血流不順が起こってしまうと様々な症状が表れます。

血流改善に対する当院の考え

当院の血流改善施術により、冷え性、むくみ、こむら返り、低血圧、朝の寝起きが悪い方、デスクワークで長時間座っている方などの様々な症状の軽減が期待できます。
IFMCのミネラルケアクリームを足に塗ることで、収縮してしまった血管を拡張させ、自律神経の調節、動脈と静脈の流れを向上させ、血行を促進します。

また、血流改善により代謝が向上したことで「むくみ、足のたるみ、足の疲れが軽減した」「足先が冷えなくなった」「足をつらなくなった」「朝の寝起きが良くなった」など、多くの患者様から症状が軽減されたというお声を頂いております。

血流改善を放っておくとどうなるのか

血流改善を怠ると、筋肉が収縮し、血管が細くなることが起こります。
血管の収縮により血液の流れが滞り、足に疲労感がたまり、足先が冷えたり、足がつることが増えたり、寝起きが悪くなることがあります。

また、血行が悪化すると、心臓へ送られる血液の力が弱まり身体の血液の循環が悪化します。血液の循環が滞ると老廃物が蓄積しやすく、疲れやすい身体になってしまいます。そのため、寝ても疲れが取れないといった症状が出てきます。

血流改善の方法

血流を改善させる方法は、まずは水分をしっかりと摂取することです。水分が不足すると血液がドロドロになり、血流が滞りがちになります。

次に、ストレッチや運動の習慣をつけることです。筋肉が硬くなると、著しく血行が悪化してしまいます。

これらの方法は自己管理が必要ですが、積極的に取り入れることをおすすめします。

しかし、自己管理が難しい場合や専門的な指導が必要な場合は、クリニックや整骨院でのサポートを受けてみてください。
整骨院では、主に手技による施術や、ストレッチ、筋力トレーニングなどの指導を行い、改善をサポートしています。

血流改善に効果的な当院の施術メニューは?

当院の施術メニューで血流改善に効果が期待できるのは「筋膜ストレッチ」と「血流改善プログラム」です。

「筋膜ストレッチ」では、主に下半身のストレッチを行い、筋肉のポンプ作用を刺激し、血行を向上させる効果があります。

一方、「血流改善プログラム」では、下腿の硬さと筋力低下に効果があります。
まず下腿の筋肉をほぐし、その後に足関節、足根骨、趾骨のアライメントを整えます。
その後、IFMCのミネラルクリームを使用して下腿のドレナージュを行います。
IFMCのミネラルクリームを利用することで、血中の一酸化窒素濃度を上昇させ、血管の拡張と柔軟性向上を促して血行を促進します。

その施術を受けるとどう楽になるのか

「筋膜ストレッチ」により、身体の第二の骨格である筋肉と筋膜の柔軟性を向上させることで、運動パフォーマンスが向上し、体のだるさ、むくみ、冷えなどの軽減から、腰痛などの痛みに対しても効果が期待できます。施術後には痛みの緩和とだるさの軽減が期待できます。

「血流改善プログラム」の施術により、足アーチなどの姿勢が改善され、歩行がスムーズになります。
また、IFMCクリームとドレナージュによる血流促進と保湿により、多くの方から
「来た時よりもむくみが改善され、足が軽くなった」というお声を頂いております。

血流改善するために必要な施術頻度は?

血流改善に必要な期間は、最低でも3ヶ月以上を考えております。
これは、身体の変化が習慣化して定着するのに必要な期間が3ヶ月ととされているためです。

さらに、データによれば、施術後3日以内に次の施術を行わないと、80%以上の確率で症状が戻る可能性があるため、週に2〜3回の施術をおすすめしています。

ただし、男性と女性で期間に差異があり、男性では6〜9ヶ月、女性では9〜12ヶ月が最も推奨される期間となります。これは、女性の場合、男性に比べて筋肉量が少ないため、改善に比較的時間がかかる場合があるからです。