むちうちなら新橋西口整骨院

新橋西口整骨院

膝の痛み

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 膝が痛い

     歩き始めた時の膝関節の痛み
     階段の上り下りの時の膝関節の痛み
     立ち上がった時の膝関節の痛み
     膝の内側、外側、裏側の痛み
     しゃがんだ時の膝関節の痛み
     長時間歩くと膝関節が痛む
     正座がしづらい
     膝関節のこわばり
     膝関節を動かすとギシギシと音がする
     O脚、X脚、最近運動をしていない
     最近ストレッチをしていない
     足まわりの筋肉の硬さが気になる
     よくつまづく
     足がむくみやすい
     足がよくつっぱる
     足がつりやすい
     坐骨神経痛
     腰の痛み
     シンスプリント
     かかとの痛み
     足底筋膜炎
     外反母趾
     股関節の痛み
     足の冷え性

  2. 膝の痛みに関する当院の考え

    膝が痛い

    膝の痛みに関する当院の考えとしては、
    まずはしっかりと問診、触診、検査等をさせて頂いた上で治療させて頂きます。
    膝関節の状態や症状によっては整骨院ではなくまず整形外科等で精密な診断をして頂く場合がある為です。ですが当院に来られる方の中には重篤な症状であっても様々な治療などは可能です。患者様のニーズによっては私どもでは当然改善しきれないケースも稀にございます。
    ですが整骨院ですので資格を保持したものがしっかり判断もさせて全力で治療頂きます。
    膝関節の痛みについてご年配の方にももちろん多いお身体こお悩みですが実は若年者にも増えてきていると言われております。
    なので老若男女問わずご来院お待ちしております。

  3. 膝の痛みを放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    膝の痛みを放ってしまいますと、結論から言いますと「歩けなくなる、寝たきりになってしまう」と言われております。
    今膝の痛みでお悩みの方はどちらに当てはまりますか?膝の痛みに関しては最近もよく聞くと思いますが「変形性膝関節症」が主な原因になっております。今回は「変形性膝関節症」に焦点を当ててお話しさせて頂きます。
    まずは変形性膝関節症という名前は聞いたことがあってもどういう状態なのかいまいちピンとこないと思いますので簡単に説明致します。通常関節に負荷がかかると骨をおおっている軟骨が力の分散を行っていたり、摩擦を軽減させています。
    しかし加齢や体重の増加や力仕事、過度なスポーツを行っているの方などに関しては膝は大きな関節なので少しずつ軟骨の部分がすり減っていったり、加齢などでは軟骨が少しずつ弾力性がなくなり関節や動かした時に摩擦が大きくなり痛みや変形になるという仕組みです。
    一度擦り減ってしまった軟骨や変形してしまった骨に関しては自然と回復するものではありません。
    そのため最初は膝のこわばりや違和感から始まるものも段階が重なると最終的に立ち上がる事すらままならない程の痛みになる為、「歩けなくなる、寝たきりになってしまう」という事です。

  4. 膝の痛みの軽減方法

    膝の痛み

    まずは普段適度な運動やストレッチなどを行っていない方が長時間歩行したり、立ちっぱなしだったり、山登りや運動会で走ったりすると普段以上に膝関節への負担がかかるので膝関節で炎症がおきます。炎症というのは負担をかけないように安静にする事で自然と回復するものになります。なので1番は安静にして下さい。それでも1週間程度痛みが落ち着かないのであれば整骨院や整形外科での治療をおすすめ致します。
    もし膝関節の違和感やこれから運動を始められたい方や山登り、運動会で走るご予定がある、もしくは膝関節の痛みが出る前に予防しておきたいという事であれば、
    正しい歩き方と足の筋肉を鍛える事が重要になります。
    正しい歩き方となると普段意識はしませんが生活する上で歩かないとなにもできません。正しい歩き方をすると足の筋肉をバランスよく使い膝への負担を減らすことが出来るので重要になります。
    次に足の筋肉を鍛えるというのも、加齢や運動不足により筋力が低下するとその分膝関節への負担が大きくなる為筋肉が必要という事になります。筋肉としてはお尻の筋肉の大殿筋、足の内側にある内転筋、前側にある大腿四頭筋が膝関節の負担を減らす為に必要な主な筋肉です。
    是非参考までに歩き方や足の筋肉トレーニング行ってみて下さい。

  5. 膝痛改善のためにおすすめする当院の施術メニューとは

    明るい挨拶

    当院でおすすめするメニューとしては、
    「筋膜ストレッチ」という治療となります。
    まず筋膜ストレッチとはなにか説明致します。まずは筋膜とはその名の通り筋肉を覆っている膜になります。筋膜はウェットスーツのように体全体に張り巡らされているため第二の骨格であるといわれています。この筋膜は柔らかい組織なので、委縮・癒着しやすい為コリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損なう原因となる訳です。
    次にストレッチと聞くと苦手意識などをお待ちの方などがいらっしゃるかと思います。ですがこの「筋膜ストレッチ」では治療として一人一人の症状や硬さに合わせて痛いけど気持ちいいという加減でしっかりストレッチさせていただきます。
    ストレッチというのも強くやりすぎると逆に硬くなってしまったり怪我の原因になるのです。もう1つポイントとしては呼吸です。筋肉というのは息を吐いている時に柔らかくなる性質があります。しっかりと深く呼吸をしながら吐いたタイミングで伸ばすので1人でストレッチするより伸びる訳です。

  6. 治療頻度その治療を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    この治療を行っている患者様からの声です。
    「このストレッチは気持ちいいね!」
    「終わった後すごく足が軽くなった!」「続けてるけど膝も楽になったし、腰痛も気にならなくなってきたよ!」
    など様々なお声を頂いております。
    ストレッチとお聞きすると苦手意識がある方もおおいかと思います。
    しかし当院のストレッチは治療として私たちがしっかり症状や硬さを見極めて伸ばさしていきます。なので硬い方も無理しすぎない所で伸ばすので気持ち良くストレッチできる訳です。
    ストレッチというのも強くやればいいものではありません。強く行うと筋肉も痛めてしまったり、呼吸も止まり筋肉に無意識的に力が入ります。なのでしっかりと呼吸をしてもらいながらストレッチもしていきます。なのでリラックスして自分では伸ばしきれない範囲や部位をしっかり伸ばすので上記のようなお声を頂いております!

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    筋膜ストレッチというのも治療をして治療後はもちろんすごく筋肉の柔らかさは出ます。ですがすごく硬い筋肉というのを一回の治療で健康的な筋肉の状態にするのはできません。治療で柔らかさは出ているものの症状の出ないような筋肉の状態となるとそうではないのです。筋肉の硬さもつい先日急に硬くなったものではないからです。
    そうすると治療期間が必要にはなってきてしまいます。一人一人の生活背景や症状の状態、日々の運動やストレスをしているかどうかによっても異なりはします。
    一般的には身体の変化が出てくるのは90日と言われております。なので最低でも90日すなわち3ヶ月は一緒に治療をさせて頂きたいものになります。ある程度柔らかさもでると症状は落ち着いてきますが身体の構造上3ヶ月は筋肉に時間は必要とします。後はニーズやお身体をどこまで持っていきたいのかによって頻度や回数がここから増えたり減ったりももちろん致します。

▲ページの先頭へ戻る

新橋西口整骨院のご案内

【住所】〒105-0004 東京都港区新橋1-18-15 佐伯ビル1F 【電話】 TEL:03-5251-8101

新橋西口整骨院景観
受付時間 土・日・祝
10:00~14:00 11:00~17:30
16:00~21:00

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR「新橋駅」から徒歩4分、都営線「内幸町」から徒歩3分。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

新橋、西新橋、内幸町、銀座など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る